Warajin:心に留めておくべき良い職場マナーメタ

Warajin:心に留めておくべき良い職場マナー常にきちんと

他の専門的なスペースと同じように、職場では文明化されている必要があります。これらの良いマナーは、職場内の平和を維持するために同僚や上司と対話するときのガイドラインとなるはずです。あなたの行動はあなたの性格とあなたが立ち上がる価値観の指標となるので、注意して常にすべての人に敬意を持って接してください!

オフィス内で注意を払うことで、社会的スキルと同僚との関係が向上します。仕事に来る前に常に心に留めておくべきいくつかの良いマナーは次のとおりです。仕事に

適切な服装

入る前に、日常の責任を果たす前に、鏡で自分自身を見て、「私は仕事に適した服装をしていますか?」と自問してください。人々があなたのプロ意識を評価するとき、あなたの服装は重要なツールになります。どのように自分を表現し、どのように何を着るかを選ぶかは、あなたについて多くを語っています。

一部の企業では、従業員に制服の着用を義務付けておらず、厳格な服装規定に従わない場合もありますが、それでも注意を払い、適切な服装を心がける必要があります。それはあなたの仕事への献身とコミットメントを反映します。 

さらに、常に準備しておくことをお勧めします。上司が予期せず、会議を提示して主導するようにあなたを任命する可能性があります。きちんとした服装を身に着けることはあなたにもっと自信を与え、あなたがどのように見えるかに感銘を与えるでしょう。

同僚

を助けてくださいあなたの同僚に助けとサポートを提供することは職場の中で絶対必要です。日が厳しく、職場の士気が低いとき、同僚が仕事を成し遂げるのに苦労していることがあります。彼らに手を差し伸べて、彼らがどのようにやっているのか尋ねてください。彼らが助けを求めたら、必ず助けの手を差し伸べてください。 

別の例は、初心者を助けることです。誰かが新しく雇われたとき、彼らが仕事を適切に成し遂げる方法についてまだ不確かであるという大きな可能性があります。彼らに近づき、彼らが最終的に彼らの責任に慣れるであろうことを彼らに保証しなさい。タスクを完了する方法に関するヒントや提案を提供し、仕事の初日に役立つアイデアについて話し合うことができます。

このようにして、あなたは新しい友達を作ることができます!職場内で新しいつながりを作る可能性を最大化します。同僚と知り合う機会を自分に与えれば、きっとあなたにぴったりの素晴らしい個性があります。

ゴシップやオフィスドラマを避ける

オフィスの対立は避けられません。ゴシップはどこからともなく現れ、瞬く間に本格的な戦いになります。可能な限り、火に燃料を追加しないでください。特にそれがあなたの仕事ではないときは、オフィスドラマから離れてください。誰とも対立がなければ、仕事に就くのはとても簡単です。

同僚や上司についてもうわさ話をしないように常に注意してください。これは彼らとの関係に影響を及ぼし、あなたの相互作用を少し不快にする可能性があります。誰かの個人的な生活についてうわさ話をすることは、あなたのプロ意識に悪影響を及ぼし、あなたの仕事を犠牲にする可能性があります。慎重に踏み、代わりに天気について話してください!

誰かがあなたに問題を抱えている場合は、彼らに近づき、敬意を持って話してください。あなたの感情があなたを最大限に活用させないでください、彼らが言わなければならないことに耳を傾け、そしてあなたの側を冷静に説明してください。両当事者があまりにも怒って紛争を平和的に解決できない場合、白熱した議論からは何も良いことはありません。

不必要な意見を自分自身に留めておく

ほとんどの人は、誰かの体重、外見、ライフスタイルについて、一方的なコメントを言わざるを得ないことがあります。あなたはこれらの価値観や意見を心に留めており、他の人にそれらを押し付ける必要性を感じています。しかし、あなたが職場にいるときは、あなたの意見を軽蔑したり、同僚を絶えず悩ませたりすることを避けるのが最善です。これは彼らとのあなたの仕事上の関係を損なうだけでなく、彼らがどんな犠牲を払ってもあなたを避けさせるでしょう。

たとえば、クリスマス休暇の後に同僚が体重を増やしているのを見かけたら、それについて黙ってください。職場では、フィルタリングされていない意見につながり、その過程で同僚を傷つける可能性があるため、自分の考えを大声で考えるべきではありません。同僚との良好な関係を維持するためにあなたが言わなければならないことを適切に評価してください。

ただし、褒め言葉を与えることは許容されます!彼らが新しいヘアスタイルを試すとき、または彼らのドレスが彼らにきれいに見えると言うのと同じくらい簡単に、あなたは同僚に褒め言葉を与えることができます。あなたが同僚に言うことについて賢くすることは、プロであることのしるしです。

清潔さを維持する

常に、机の清潔さを維持してください。秩序と衛生に関して、同僚や上司に自分には責任感がないと思わせたくありません。大きな混乱を引き起こし、紙を適切に積み重ね、使用済みのティッシュをゴミ箱に捨てることがわかっている食べ物や飲み物を机に持ち込まないでください。

あなたがオフィスのパントリーにいるとき、あなたがあなた自身の後できれいになることを確認してください。調理器具を洗い、テーブルを掃除し、ゴミを適切に処分します。コップ一杯の水を床にこぼさないようにしてください。こぼした場合は、敷物を用意して掃除してください。また、同僚に、そのエリアをきれいに整頓する責任を維持するように思い出させることもできます。あなたは会社の周りにユーティリティワーカーがいますが、毎回あなたの混乱をきれいにするのは彼らの仕事ではありません。 

置く

スマートフォンをほとんどの仕事では、スマートフォンは仕事を終えて生産性を高めるために必要です。しかし、あなたが常にあなたの仕事に関係のないことをしているなら、それを置くか、それをオフにする時かもしれません。あなたは上司にあなたがたるんでいるのを捕まえたくないのです!

あなたが仕事の会議にいるとき、電話のエチケットも重要です。会議を開始する前に、サイレントモードか、それ以上の場合はシャットダウンします。このようにして、勤務時間中に電話を受けることを避け、大きな着信音で会議全体を中断します。これにより、携帯電話を常にチェックしたり、ソーシャルメディアアカウントをスクロールしたりすることもできなくなります。議論されていることに注意を払わないと、叱責される可能性があります。

同僚と話すときは、電話をポケットに隠しておく必要があります。時々覗き見を盗んだり、会話に十分注意を払ったりしないでください。誰かがあなたと話している間にあなたの電話にいることは、無礼であるだけでなく、あなたの同僚との友情を傷つける可能性もあります。

敬意を表す

職場の中で、仕事以外のことについて話すことは避けられません。あなたとあなたの同僚は、あなたの好きな食べ物、週末の日課、または有名人の片思いについて話すかもしれません。あなたの個人的な生活についての会話も起こる可能性があり、これは魅力的かもしれませんが、あなたは自分の限界と境界に注意する必要があります。

さらに、宗教や政治的立場などの物議を醸す問題について話すことは、あなたの意見が衝突するときに対立を引き起こす可能性があります。解決されない場合、これは職場の相互作用に悪影響を及ぼし、さらなる恨みや議論につながる可能性があります。あなたはプロの環境にいることを常に心に留めておいてください、そしていくつかの会話はあなたの仕事の外でよりよく議論されます。

新しい責任を受け入れる

職場では、自分の能力の範囲外のタスクを割り当てることができます。上司は、あなたがまったくなじみのない特定の問題についてあなたを訓練することを提案するかもしれません。これは個人的およびキャリアの成長の機会であり、あなたがしたい最後のことは申し出を断ることであることを思い出してください。 

新しい責任を与えられたときに不安を感じるのは普通のことです。あなたは自分自身を疑ったり、個人としての自分の能力に疑問を抱いたりするかもしれません。しかし、これはあなたの悩みを勝ち取る時ではありません!彼らはあなたに大きな可能性を見出し、あなたのスキルを伸ばす能力を信頼しているので、あなたにはチャンスが与えられました。上司に質問やヒントを聞いて、正しいことをしていることを確認してください。

前向きな姿勢を持って

いる常に機嫌が悪い人と一緒に仕事をしたいと思う人は誰もいません。落ち着いて仕事に来て、どこへ行っても悲観的な気持ちになると、同僚への波及効果が職場の雰囲気を悪化させる可能性があります。

職場にいるときは、前向きな行動を示すのが最善です。これはあなたの仕事のパフォーマンスとあなたの同僚とのコミュニケーションにプラスの影響を与える可能性があります。友好的で楽観的なオーラを持つことは、あなたが仕事で優れているのを助けることができ、それはあなたのキャリアを後押しすることができます。あなたの同僚はまた、質問であなたに近づき、会話をするとき、あなたの周りで快適に感じるでしょう。

職場の中でこれらのマナーを示すことはあなたを場所に連れて行くことができます。あなたは幸せな心で家に帰ることができます、あなたができる限り親切と尊敬を与えることを確信しています。